電子部品業界の進化を、技術面・材料面で裏から支え、社会に貢献していきます。

  • Korean
  • Chinese
  • english
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

企業情報

スクリーン印刷工法を用いた、最先端のプリント配線板の加工を行っています。

会社概要

商号
株式会社 野田スクリーン
所在地
【本社】
〒485-0821 愛知県小牧市大字本庄字大坪415番地
TEL:0568-79-0222/FAX:0568-79-0639
【山梨工場】
〒409-0133 山梨県上野原市八ツ沢字花柄2193-156
TEL:0554-63-6031/FAX:0554-63-6032

URL:http://www.nodascreen.co.jp

代表者
代表取締役社長 堀尾 貞夫
設立
昭和59年11月
資本金
4億8千万円
決算期
4月30日
主な事業内容
電子部品(プリント配線板、半導体パッケージ基板)加工
化学材料の開発・製造・販売
電子部品製造装置販売
従業員数
160人

子会社

株式会社野田テクノ
所在地
【本社】
〒485-0821 愛知県小牧市大字本庄字大坪415番地
TEL:0568-79-0222/FAX:0568-79-0975
【東京Office】
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町二丁目15番5号
TEL:03-5614-0112/FAX:03-5614-0113

URL:http://www.nodatechno.jp/

代表者
代表取締役社長 堀尾貞夫
設立
平成26年7月
資本金
1千万円
決算期
4月30日
主な事業内容
電子部品の開発
広州野田電子有限公司
所在地
中国広州市
URL:http://www.nodagz.com/
代表者
董事長 藤木基勝
設立
平成16年8月
資本金
2億5千万円
主な事業内容
電子部品(プリント配線板)加工
昆山野拓電子有限公司
所在地
中国昆山市
代表者
董事長 野田拓哉
設立
平成26年1月
資本金
250万USドル
主な事業内容
電子部品(プリント配線板)加工
台湾野田電子股分有限公司
所在地
台湾桃園市
代表者
董事長 野田拓哉
設立
平成27年4月
資本金
800万台湾ドル
主な事業内容
電子部品製造装置の販売
電子部品加工用材料の販売
野田科技股分有限公司
所在地
台湾桃園市
代表者
董事長 野田拓哉
設立
平成29年9月
資本金
6000万台湾ドル
主な事業内容
電子部品(プリント配線板)加工
広州日紅電子材料有限公司
所在地
中国広州市
代表者
董事長 里 京一郎
設立
平成29年11月
資本金
500万元
主な事業内容
フッ素化成品の販売
会社沿革
昭和54年03月
プリント配線板の印刷加工事業を目的として、愛知県春日井市御幸町に野田スクリーンを創業
昭和59年11月
愛知県春日井市如意申町広田668番地に株式会社野田スクリーンを設立
昭和61年11月
スクリーン印刷用版の製造開始
昭和62年10月
名古屋市北区に名古屋工場を新設、特殊印刷加工開始
昭和63年10月
スクリーン印刷用版の製造、販売を目的として、株式会社アイエヌティースクリーン(現株式会社フラットデジタル)を設立
平成06年10月
愛知県小牧市に小牧工場を新設、フラットプラグ加工開始
平成07年10月
イビデン株式会社河間工場(岐阜県大垣市)内で熱硬化印刷加工開始
平成08年01月
本社を愛知県小牧市大字東田中字大杁1356番地に移転、名古屋工場を廃止
平成09年08月
愛知県小牧市に本庄工場を新設、フラットプラグ加工設備移設
平成10年01月
本社を愛知県小牧市大字本庄字大坪415番地に移転
平成10年06月
スクリーン印刷用版の製造、販売を目的として、株式会社デジビア(現株式会社エヌアイマテリアル)を設立
平成10年09月
株式会社デジビアは、株式会社アイエヌティースクリーンから営業の全部と商号を譲り受け、営業を開始(工場所有権については平成12年3月に譲り受け)
平成12年03月
プリント配線板製造用材料の販売を目的として、有限会社エヌアイマテリアル(現株式会社エヌアイマテリアル)を子会社化
平成12年07月
ISO9001認証取得
平成12年09月
大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に株式を上場
平成16年08月
プリント配線板加工を目的として、広州野田電子有限公司を設立
平成18年03月
株式会社東京証券取引所第二部に上場
平成18年05月
株式会社名古屋証券取引所第二部に上場
平成19年03月
設備機器販売を目的として、香港野田電子有限公司を設立
平成21年04月
ISO14001 認証取得
平成21年05月
100%子会社である株式会社エヌアイマテリアルを吸収合併
平成23年01月
化学材料事業の強化を目的として山梨県上野原市に山梨工場開設
平成25年04月
中長期的な視点で企業価値を高め、持続的に成長していくためにMBO(マネジメント・バイアウト)を実施し、上場を廃止
平成26年01月
プリント配線板加工を目的として、昆山野拓電子有限公司を設立
平成26年07月
新たな電子部品の開発を目的として、株式会社野田テクノを設立
平成27年04月
設備機器販売を目的として、台湾野田電子股分有限公司を設立
平成29年09月
プリント配線板加工を目的として、野田科技股分有限公司を設立
平成29年11月
中国市場における化成品販売を目的として、広州日紅電子有限公司を設立

役員紹介

取締役・監査役
代表取締役社長
堀尾 貞夫
取締役副社長
野田 拓哉
取締役
野田 由紀子
監査役
島田 雄仁
執行役員
社長執行役員
堀尾 貞夫
副社長執行役員
野田 拓哉
執行役員
藤木 基勝
執行役員
里 京一郎
執行役員
小川 清志